NISA

NISAのメリット・デメリットを解説

NISAとは

NISAとは、投資制度の一つです。せっかくの預金を寝かせておくよりも投資を行った方が資産を増やせる可能性があるため、子供のための教育費や自分の老後資産など、将来のためにお金を備えることに活用している人が多いです。
そもそもNISAとは、投資に関する税の優遇制度の愛称であり、正式名称は「少額投資非課税制度」と言います。通常であれば投資で得た収益に対して20.315%の税収がかかるのをNISAを活用することで現行のNISAであれば投資で得た収益を5年間の間非課税で受ける事ができるのです。

NISAのメリット・デメリットとは

NISAには一般的に「一般NISA」と「積み立てNISA」の二つがありますが、今回は両方に共通するメリット・デメリットを紹介していきます。

NISAのメリット

・投資で得た利益は全て非課税
NISAを利用する最大のメリットは、なんと言っても購入した株式の売却時−購入時の差額で得られる利益と購入した株式の配当金での利益、これらを非課税で受け取る事ができる点です。通常の投資であれば税金を引かれてしまうのですが、NISAを利用する事で利益をそのまま資産化する事ができます

・確定申告も不要
NISAは非課税のため、得た利益・配当金の確定申告を行う必要はありません。

・投資リスクを分散できる
NISAでは投資回数・購入商品数の制限がないため、複数の銘柄を少額ずつ購入して投資リスクを分散する事ができます。

NISAのデメリット

・損益通算ができない
NISA口座で損失が発生し、NISA以外の課税口座で相殺できそうな利益が発生しても、後者のNISA以外で発生した利益に対して税金を払う必要があります。

・非課税期間終了時に元本が切り下げられる
NISA口座を通じて購入した金融商品が、購入時の価格よりも下がった時価で非課税期間を終了し、課税口座へと移し替えられたとき、元本は最後の時価に修正されます。そして、時価が上がった際に課税口座を通じて売却すると、修正後の元本との差額分を利益とみなされ、課税されてしまいます。

NISAについてのメリット・デメリットまとめ

今回NISAに共通するメリットを3個、デメリットを2個紹介しました。うまく使えば資産を増やすことのできるNISAですが、上記のようなデメリットもあるので、これらを把握した上でうまく資産形成に役立ててください。